Home > 3D-CAD > CreoElement/Direct > チュートリアル > クイックスタート

ベクトルドロー・レベルゼロ

CreoElement/Direct Modeling Expressのクイックスタートプロジェクト

広告

新規作成日 2016-08-22
最終更新日

アプリケーションは、一般的に、コンピューターにインストールして使える状態にしても、アプリケーションの使い方を覚えるまでは利用できません。

CADは、特にその傾向が強く、アプリケーションの使い方だけではなく、モデリング方法、使用する分野の製図法や製図規則、 構造力学計算や材料工学、作成した図面から実際のものを作る際の加工方法も知っていたほうが良いといわれています。

そして、3D-CADは、アプリケーションごとに操作方法が異なり、それに伴いモデリング方法も異なります。

そのため、ほとんどの製品には、チュートリアルと呼ばれる製品の利用の仕方を簡単に学ぶことができる演習が付属していることが多いです。


クイックスタートプロジェクトは、CreoElement/Direct Modeling Expressに付属しているチュートリアルです。

一通り行えは、よく利用される一般的な操作が習得できるように考えられています。 そのため、アプリケーションを初めて利用する場合は、まず最初に行うと学習効率が上がります。

ただ、問題は、それなりに量があり、それをすべて体験するには、まとまった時間が必要なことです。


そこで、1度行った後、忘れてしまっても内容が確認できるように、その内容をまとめておこうと思います。 また、使おうかどうか判断に迷っている場合は、内容を眺めることで、操作の流れが理解でき、CreoElement/Direct Modeling Express のモデリングしやすいという特徴の一部が理解できるかと思います。

モデルデータの所在

モデルデータは、インストールフォルダに入っています。 以下の場所の「DirectModeling_en.zip」あるいは、「DirectModeling_ja.zip」

C:\Program Files\PTC\Creo Elements\Direct Modeling Express 6.0\help\project\WEB-INF\volume

解凍したデータの「pkg%20files」フォルダ内に、無料版のModeling Expressでは利用できない、pkgファイル形式で格納されています。

組み立てブロック

基本図形(直方体)の作成

CreoElement/Directで作成した直方体

長方形のスケッチを描き、そのスケッチを押し出すことで、直方体を作成します。 3D-CADで立体を作成する方法の1つです。2D形状(スケッチ)を作成し、それを移動させた軌跡で、3D形状を作成します。

直方体の上面に、円形のボスを追加する

組み立てブロック

直方体の上面に、円を相対距離を指定して描き、それを押したし、ボスを追加します。

既に作成されている部品を引き延ばす

部品の形状を変更する

ダイレクトモデリングの3D-CADで、部品の形状を変更する方法について学びます。

稜線を「距離/距離面取り作成」で面取り傾斜を作成する

稜線を「距離/距離面取り作成」で面取り傾斜を作成する

稜線を「距離/距離面取り作成」を使用して、異なる長さをしていした面取りにより、モデルに傾斜を作成します。

パーツをシェル化します

パーツをシェル化します

モデルをシェル化します。集合体抑制指定を使うと部分的にシェル化を除外できます。

クリップ表示(断面表示)

クリップ表示

モデルのクリップ(断面表示)を作成します。 モデル内部の形状を確認したい場合は、クリップを利用すると便利です。

面がなめらかにつながったモデルの作成と修正

プロファイルの作成

プロファイルをスケッチします。

プロファイルをスケッチします。

プロファイルを押し出して、押し出した形状を引き伸ばします。

プロファイルを押し出しました

すでにあるプロファイルを押し出し、押し出した形状を引き伸ばします。 操作動画では、問題なく動作していましたが、実際にやってみると動作しませんでした。対応方法は不明です。プロファイルを押し出しただけで終わりました。

パーツの位置決め

パーツの位置決め

アセンブリ機能を使って、軸と穴を拘束します。ビデオで使用するファイルのダウンロードリンクは切れています。

アセンブリの再構成

アセンブリに含まれているパーツは、ドラッグで別のアセンブリに移動できます。

アセンブリに含まれているパーツは、ドラッグで別のアセンブリに移動できます。

寸法を計測し、モデルの寸法を変更します。

モデルから2D図面を作成

モデルから作成した2D図面

モデルから2D図面を作成し、寸法を追加します。

インポートした図面から、3Dモデルを作成

図面をインポートし、寸法を適用し、プロファイルに変更します。そのプロファイルをもとにモデルを作成します。

図面をインポートし、寸法を適用し、プロファイルに変更します。そのプロファイルをもとにモデルを作成します。

分解図表示を作成

分解図表示を作成

アセンブリから、分解図を作成します。

クイックスタートプロジェクトを再表示するには

クイックスタートプロジェクトを閉じてしまった場合は、右端の?アイコンの隣の下矢印をクリックして、「クイックスタートプロジェクト」を選択します。

クイックスタートプロジェクトを閉じてしまった場合は、右端の?アイコンの隣の下矢印をクリックして、「クイックスタートプロジェクト」を選択します。

広告

Home 3D-CAD 2D-CAD 3D-モデラー 学生版 モデリング資料

Copyright (C) 2011-2016 Horio Kazuhiko(kukekko) All Rights Reserved.
kukekko@gmail.com
ご連絡の際は、お問い合わせページのURLの明記をお願いします。
「掲載内容は私自身の見解であり、所属する組織を代表するものではありません。」